目黒区内のインターナショナルスクール学童保育

小さな子供のうちに、英語の能力を伸ばしたいとお考えの保護者の方にお勧めの目黒区内のインターナショナルスクールでは、実際にインターナショナルスクールに通学していないお子様方も対象に、近隣の公立小学校の児童をアフタースクールケア(学童保育)として受け入れています。近隣の学校へは、スクールからの送迎もついているので、交通手段の心配もありません。公立小学校に通い、学童保育で英語をネイティブの教師から英語を学ぶことができるので、お子様の将来を考え、国際的な感覚を身につけ、さらに英語力を伸ばしたいとお考えの保護者の方々にご利用されています。さらに、夏休みや春休みなどの長期間による学校のお休み時期も、朝8時30分からお子様の受け入れをしているので、お仕事をお持ちの保護者の方々も安心してご利用になることができます。

目黒区の学童保育クラブは働くママの味方です

働くママにとって学童保育は大きな味方になります。目黒区には区立の学童保育クラブが20カ所、民営の学童保育クラブが6カ所あります。小学校1年生から3年生が対象になっています。学校が開校日の平日は午後6時15分まで、夏休みなど学校休日の場合は午前8時15分から午後6時15分まで、土曜日は8時15分から午後6時までになっています。おやつを食べたり勉強をしたり、児童館や公園に遊びに行くなど、集団生活になれ地域にも溶け込んで行くことが出来ます。家で1人で留守番させる心配がないため、ママも安心して働くことが出来ます。利用したい方は申請受付期間があるため、受付期間をきちんと確認する必要があります。民営の保育クラブには、乳幼児クラブがある所もあり、乳幼児も保護者同伴で同じ年代の子と交流することが出来、楽しく遊びながら集団生活に慣れることが出来ます。

目黒在住にて学童保育

昨今の日本では学童の保育に関しての問題が多く生じております。しかしこちらの問題も国での解決を求めるような話はまだまだ出ていない中で、ここ目黒の保育事情は恵まれていると言えるのでは無いかと思っております。充実した施設数に、学童の事を真に考えた設備や心遣いに、子の親御さんたちもとても安心して保育に臨めるものだと言えますね。他にも目黒では共働きによる学童が多いので、このように施設、設備や大人たちの対応なども良いので大変良い立地と行き届いた設備には大変感謝しております。これからの保育事情には欠かせないものも多く揃っておりますので、これらを見習っていく日本の未来にも期待したいところですし、見守る人が増えていくので安全もしっかりとしていくと感じてますので今後の将来性ある場所であると、自信を持っていえるものだと思っています。